原 著 ・ 論 文

*SCI論文




(63) *Environmental Education Program for Environmental Human Resource Development of Mie University Brand (2011.8.), PARK Hys-Sook and TANICUCHI Tomomasa,三重大ブランドの環境人材養成プログラムの実践(英文), 「新地理」, 第59巻第2号,日本地理教育学会誌., 1-12
(62) 東アジアの大気汚染抑制のための日中韓の環境政策と国際環境協力(2008), 朴 恵淑, 大気環境学会誌, Vol.43, No.6, 356-357.
(61) マレーシアのバイオマス発電に関連した農業・エネルギー・CDMの展望(2007), 朴 恵淑・荒井茂夫・安食和宏・西村智朗・鹿嶋 洋・福田和展・佐藤宏文, 人文論,三重大学人文学部文化学科研究紀要 第24号, 2007.3, 85 - 110.
(60) YOKKAICHI Studies for Promotion Environmental Education and International Environmental Cooperation by Lessons of Yokkaichi Air Pollution (2006),Hye-Sook  PARK, Annual Report of Khabalovsk State Academy of Economics and Law, Khabalovsk, Russia, No. 4, 2006.2, 71-76.
(59) マレーシアの籾殻発電に関する基礎研究(2006), 朴 恵淑・荒井茂夫・宇都宮陽二朗・中川 正・福田和展・鹿嶋 洋・西村智朗・宮岡邦任・上野達彦, 人文論,三重大学人文学部文化学科研究紀要 第223号, 2006.3, 1-28.
(58) YOKKAICHI Studies Toward Environmental Advanced Region From Yokkaichi Air Pollution Area- Lessons of Yokkaichi Air pollution and Environmental Education (2005),Hye-Sook PARK, PROCEEDINGS The 12th Tri-University International Joint Seminar and Symposium 2005, Oct. 16-21, 2005, Zhenjiang, China, 80-85.
(57) 四日市公害問題の教訓と国際環境協力ー韓国産業団地における公害問題の実態(2005), 朴 恵淑, 反差別人権研究みえ第4号, 三重県人権問題研究所, 2005.9月, 41 - 65.
(56) コンビナート(産業団地)周辺の大気汚染が児童への健康被害に及ぼす日韓の比較研究ー「四日市学」の適用 (2005), 朴 恵淑, 人文論集, 三重大学人文学部文化学科研究紀要 第22号, 2005.3, 155 - 175.
(55) 東アジアの大気環境問題と国際環境協力(2002),  朴 恵淑, 地理, 通巻560号, 5月号, 古今書院, 8 - 14.
(54) 広域越境性大気汚染に対処するための環境外交ーヨーロッパの教訓と東アジアのこれから(2001), 朴 恵淑・米本昌平・石井 敦, Studies;生命・人間・社会, 三菱化学生命科学研究所, 89 - 124.
(53) 伊勢湾地域における大気汚染の季節的特性ー二酸化窒素(NO2)濃度測定と指標植物(アサガオ)の環境教育への応用(2001), 朴 恵淑, 人権問題研究みえ, 第3号, 三重県人権問題研究所, 98 -130.
(52) Air Pollution/Quality in the Japanese Enormous Cities; Working Towards the 2002 World Cup Game (2001),Hye-Sook PARK, World Cup and Urban Air Pollution Issues, IUAPPA 12th World Clean Air Congress- Blue Sky 2002 NGO Session, Aug. 28, 2001, Seoul, Korea, 57 - 79.
(51) *地球温暖化が日本付近の海洋・水産業へ及ぼす影響と諸問題(2001), 朴 恵淑, 水産海洋研究, 第65巻, 第4号, 161-166.
(50) 生物季節による日本の季節区分(2001), 河村 武・川村麻美・朴 恵淑, 気候影響・利用研究会報, 第19号, 7-10.
(49) 伊勢湾地域における二酸化窒素(NO2)濃度の季節的特性ー環境教育への応用(2001),  朴 恵淑, 研究報告 Vol. 6 (No. 7),  財団法人三重県環境保全事業団, 1-22.
(48) *伊勢湾地域における二酸化窒素(NO2)濃度の冬と夏の特性(2000),  朴恵淑・長屋祐一・目崎茂和・田中 博, 日本生気象学会雑誌, Vol.37, No,4, 105-116.
(47) ISO14001;環境都市の条件ードイツエアランゲン市の事例ー(2000),  上野達彦, 友永輝比古, 朴 恵淑, ISO学(国際規格技術)研究報告書Vol. 2,三重県三重大学地域共同研究センター三重大学ISO学研究会, 33-74.
(46) *Global Warming: The Potential Impact on Japan (2000), Hye-Sook Park, Bulletin of the American Meteorological Society, Vol. 81, No. 5, 1090 - 1093.
(45) *生物季節による温暖化の影響と検出(1999), 甲斐啓子・吉野正敏・朴 恵淑, 地球環境, 4巻1号&2号(合併号), 91 - 103.
(44) 伊勢湾周辺地域の大気汚染ーとばっちり被害も恐い!(1999), 朴 恵淑, サイアス, 1999. 11, 60 - 63.
(43) 世紀末と21世紀の地球環境問題をかんがえるー温暖化防止ボン会議(COP5)を前に(1999), 朴 恵淑, 熊野灘漁業を考える会, 1999, 11, 1 - 12.
(42) 沿岸漁業・海洋に及ぼす地球温暖化等の諸問題(1999), 朴 恵淑, 熊野灘の漁業を考えるー沿岸漁業資源の培養と環境保全ー, 1999. 11, 17 - 24.
(41) 東アジアの局地・広域越境性大気汚染・酸性雨問題と国際環境協力に関する戦戦略的研究(1999), 朴 恵淑, 現代の中国地理研究, 現代中国研究会,58 - 64.
(40) 地球市民の時代へ(1999),  朴 恵淑, あすの三重25周年記念号環境の世紀へ,  第113号, 春季, 15 - 22.
(39) Country Report of Japan: Emissions of Air Pollutant and Green House Gases in Japan (1999), Hye-Sook PARK, AANEA-5;The 5th International Conference of Atmospheric Action Network in East Asia, Oct. 12-13, 1999, Seoul, Korea, 1 - 18.
(38) 伊勢湾地域の大気汚染(NO2)の動態(1999),  朴 恵淑, 伊勢湾地域の総合的利用と保全研究報告書, 三重県高等教育機関連絡会議,  111 - 121.
(37) Cooperation Strategies for Acid Rain Control in East Asia(1998), Hye- Sook Park, Peking University・CCEJ・Semin Foundation・AANEA, 4-6 December 1998, Bejing, China, 8 - 23.
(36) 地球温暖化問題と途上国のISO14001との関係ー韓国、アルゼンチンを例にしてー(1999),  朴 恵淑, ISO学(国際規格技術)研究報告書Vol. 1, 三重県三重大学地域共同研究センター三重大学ISO学研究会, 57 - 82.
(35) 伊勢湾の汚染気象学ー二酸化窒素(NO2)濃度分布の特徴 (1998),  朴 恵淑, 伊勢湾地域の総合的利用と保全に関する研究&研究報告書(中間報告2), 三重県高等教育期間連絡会議,  92 - 107
(34) 地球環境問題ー自然科学と国際政治の融合(1998), 朴 恵淑・米本昌平, JST異分野研究者交流事業21世紀の科学技術の探索研究, 科学技術振興事業団, 15 - 23.
(33) 気候変動が生態系に及ぼす影響(1998), 朴 恵淑,  詳説・地球温暖化1998ー地球温暖化防止京都会議で何が決まったかー, 市民フォーラム2001・地球温暖化研究会, 9 - 17.
(32) Country Report: Japan (1997), H. Hayakawa, Y. Matsumoto, H.S. Park, T. Andho, K. Watanabe and Y. Ayukawa, Independent NGO Evaluations of National Plans for Climate ChangeMitigation–OECD Countries, Climate Network Europe and U.S. Climate Action Network, Em Print, 61 - 66.
(31) 都市の防災と自然環境保存のための環境管理に関する研究;東京とソウルの大都市圏の比較研究(1997), 朴 恵淑, (財)福武学術文化振興財団平成8年度年報, 102 - 109.
(30) 伊勢湾の汚染気象学(1997),  朴 恵淑, 伊勢湾地域の総合的利用と保全に関する研究&研究報告書(中間報告), 三重県高等教育期間連絡会議, 75 - 78.
(29) Air Pollution Problems in Japan (1997), Hye-Sook Park, Workshop and Symposium for the Multi-Disciplinary and Corporative Researches on the Atmospheric Issuesin North-East Asia, CCEJ, Yonse University and Environmental Center of Beijing University, Seoul, 24 - 37.
(28) 植物季節に及ぼす地球温暖化の影響ーエンソが植物季節・農作物収量・自然災害に及ぼす諸例ー(1996),吉野正敏・朴 恵淑, 地球の温暖化が植物に及ぼす影響の解明に関する研究, 環境庁地球環境研究総合推進費終了研究報告書(GERF研究報告書), 57 - 64.
(27) 三重県・津市の文化・社会に関する総合的研究 (1996), 児玉克哉・朴 恵淑・野中健一・田中 裕・高潤 生・谷岡経津子・柏木はるみ,アジアの地域・自然環境と開発に関する調査研究論文集(第3巻・最終号), 149 - 160.
(26) 地球温暖化が生態系に及ぼす影響 (1996), 朴 恵淑, 今、地球温暖化問題は動いている, 市民フォーラム2001・地球温暖化研究会, 16 - 22.
(25) (A Climatological Study on Cherry Blossom (Prunus yedoensis) Phenology in Korea and Japan (1995),Hye-Sook Park, 梨花地理論叢, 6, 李 淑妊教授華甲記念論集, 335 - 353. (英文、韓国語要約文付)
(24) * 東京環八号線道路付近の上空に発生する雲(環八雲)の事例解析ー1989年 8月 21日の例ー(1995), 甲斐憲次・浦 健一・河村 武,・朴 恵淑, 天気, 42, 417 - 427.
(23) 地上気温の季節性に着目した都市気候成分の解析 (1994), 朴 恵淑・安成哲三, 沖 理子, 尾田敏範, 地理学評論, 67, 561- 574.
(22) 日本の生物季節と自然季節 (1994), 河村 武・川村磨美・朴 恵淑, 愛知産業大学紀要, 2, 47 - 50.
(21) Relationships between Flowering Date of Cherry Blossom (Prunus yedoensis) and  Air Temperature in East Asia (1994),Hye-Sook Park, Takeshi Kawamura and Masatoshi Yoshino, Proceedings of the 13th International Congress of Biometeorology, Calgary, Canada, 207 - 220.
(20) Features of the Isotopic Composition of Surface Waters and Groundwaters in Response to Precipitation in Southeast Texas, U.S.A.(1993), Hye-Sook Park, Keith G. Kilson and James R. Lawrence, in Perspectives in ResourceManagement in Developing Countries, (ed) B. Thakur, New Delhi, India.
(19) *Variations of the Oxygen Isotopic Composition of Precipitation, Surface Waters and Groundwaters in Houston(1992), Hye-Sook Park, Geographical Review of Japan, 65 (Ser. B), 57 - 65.
(18) The Use of Stable Isotopes to Determine Infiltration Rates near Landfills(1992), Hye-Sook Park, 西沢利栄教授退官記念論文集, 筑波大学地球科学系, 30 - 43.
(17) Geographical Distribution of Discomfort Index over the World(1992,T.Kawamura, H.S. Park and T. Iwakuma, Science Report of Institute of Geoscience, University of Tsukuba, Section A, 13, 113 - 136.
(16) 新潟県上越市高田市街地およびその周辺における天空率分布と下向き長波放射場(1991), 中川清隆, 朴 恵淑, 小沢詳吾, 山本 豊, 上越教育大学紀要, 11, 239 - 252.
(15) Topographical Effects on the Heat Island Intensity(1991), Hye-Sook Park, 梨花地理叢書, 5, 金 蓮玉教授停年退任記念論集, 5, 205 -222.(英語、韓国語要約文付)
(14) *Sensible Climates in Monsoon Asia(1991), Hye-Sook Park and Takeshi Kawamura, International Journal of Biometeorology, 35, 39 - 47.
(13) Features of the Isotopic Composition of Surface waters and Groundwaters in Response to Precipitation in Southeast Texas, U.S.A.(1991), Hye-Sook Park, Keith G. Kilson and James R. Lawrence, Climatological  Notes, 40, Institute of Geoscience, University of Tsukuba, 273 - 282.
(12) Sensible Climate of Japanese Cities with Regard  to Topographical Environment(1989,  Takeshi Kawamura and Hye-Sook Park, Annual Report of Institute of Geoscience, University of Tsukuba,  15, 25 - 28.
(11) Sensible Climate in Monsoon Asia (1988), Hye-Sook Park, The Tropical Environment (Proceedings of the International Symposium of the Working Group on Tropical Climatology and Human Settlements of the International Geographical Union, Kingston, Jamaica, August  4 - 7, 1987, 3 - 8.
(10) 日本の諸都市の体感気候(1987), 河村 武・朴 恵 淑, 都市計画の基礎としての都市生態の総合的研究(小原秀雄編), 189 - 195.
(9) ヒートアイランド強度(都市内外の気温差)を論じるときの郊外の観測値の代表性(1987), 河村 武・朴 恵淑, 筑波大学地球科学系気候学, 気象学研究報告, 12, 23 - 28.
(8) Sensible Climate of Japanese Cities with Regard to Topographical Environment (1987),Takeshi KAWAMURA and Hye-Sook PARK, Integrated Studies in Urban Ecosystems as the Bassis of Urban  Planning(II), 121 - 129.
(7) Variations in the Urban Heat Island Intensity Affected by Geographical Environments(1987), Hye-Sook Park, Environmental Research Center, University of Tsukuba, 11, 79p.
(6) *ヒートアイランドの形成要因としての都市キャニオンの天空比と夜間の長波放射収支(1987), 朴 恵淑, 天気, 34, 579 - 587.
(5) *日本と韓国の諸都市における都市規模とヒートアイランド強度(1987), 朴 恵淑, 地理学評論,  60, 238 - 250.
(4) 都市気温の形成要因に関する考察ー都市気温と天空比との関係ー(1986), 朴 恵淑・河村 武, 筑波大学水理実験センター報告, 10, 27 - 38.
(3) *ソウル市およびその周辺地域における夏季のヒートアイランドの気候学的考察(1986), 朴 恵淑, 地理学評論, 59, 689 - 705.
(2) * Features of the Heat Island in Seoul and its Surrounding Cities(1986), Hye-Sook Park, Atmospheric Environment, 20,  1859 - 1866.
(1) ソウル夏季気温の都市気候学的研究ー幹線道路に沿った観測を中心に(1983), 梨花女子大学校大学院修士論文, 77p.(韓国語、英語要約文付)